コスメ好きな私の備忘録メモ
TOP PAGE > 朝は時間が限られているので、お肌の

朝は時間が限られているので、お肌の

朝は時間が限られているので、お肌の手入れの時間が十分ない人も少数ではないと思います。


朝の一分は、おもったより貴重ですよね。

でも、朝におこなう肌手入れを手抜きをしてしまうと、一日をとおしてゲンキな肌を維持する事ができません。



一日を楽しいものにするためにも、きちんと朝にスキンケアをおこないましょう女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)が妊娠、出産を経てしばらくの間は妊娠期から出産までの体内ホルモンバランスから大聞く変化してしまい、イロイロなトラブルに見舞われます。



中でも肌荒れ、シワの増加など肌のトラブルはよく起こりがちで、悩まされている人も大勢います。

妊娠中体内で働いていた女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)ホルモン、エストロゲンやプロゲステロンの分泌が出産を終えた途端、急にその量を減らし、これに加えてストレスの影響もあり、肌のバリア機能が弱って簡単に乾燥します。乾燥している肌は荒れ、敏感肌になることも多いので、できれば無添加で低刺激の基礎化粧品を使って保湿を一番に考えたスキンケアを心がけるようにします。

出来てしまったシミは、ご自宅のスキンケアでも多少は改善することも可能でしょう。でも、完全に奇麗にするとなると困難でしょう。



でも、まだ方法はあります。
たとえば、美容外科ならば消してしまう事が出来るのです。もし、改善しないシミについてお悩みだったら、一度、専門家に相談してみてはどうでしょうか。


クリニックによっては、カウンセリングを無料でうけ付けている事もあります。紫外線はシワが増える原因となるので、外へ出掛ける場合には日焼け止め用のクリームを塗ったり、日傘を指してガードするなど紫外線対策を十分におこないましょう。

また、紫外線をたっぷりと浴びてしまった時には、ビタミンCの入った美容液を用いるなどしてお肌の手入れを行ってちょーだい。毎日きっちりとスキンケアをおこなうことで、シワを予防する事ができるのです。
美肌のために栄養の偏らない食事はかならず必要です。

中でも青汁は体にとって必要不可欠な栄養成分を取り込むことができるため肌にも良いと言われています。食生活を見直すと同時に適当な運動や新陳代謝を促すように半身浴や化粧品は肌にあったものを使うなど美はま指しく一日では確立しないのであると感じられます。体のラインがゆるむとなんだか老けて見えますよね。
以前、雑誌で話題になっていたダイエット(ファスティング)して、サイズダウンに成功しました。
でも気になることもあるんです。


リバウンドしないよう気をつけて、サプリで栄養補給してストレッチも欠かさなかったのに、首や顔の肌がくすんで、夕方にはシワが目たつことも(!)。けして、しぼむほど減量してはしていないんですけど。
。。どこが悪かっ立とかは思い浮かびませんが、お手入れ不足も考えられるので、肌のメンテを重点的にしていく予定です。



肌を手入れするとき、乾燥シーズンは気をつけている人は多いでしょう。顔の中でも皮脂の分泌が極度に少ないのが目の周囲ですが、乾燥の影響を直接うけてシミやシワが出やすいですし、乾燥して過敏になり腫れてしまうこともあります。そうなる前にスキンケアを見直しましょう。
目のまわりのお手入れには、オイル(脂質)を使うと効果的です。
肌に浸透するバニシングタイプと肌の上で守ってくれる通常タイプのオイルがあるのでベタつきや使用感を考慮して、ピッタリのものを選ぶのがコツです。私の母は2、3年前から顔にできてしまったシミに悩みを抱えていました。そのシミのサイズは十円玉と同じくらいのサイズが一つ、もう少し小さいものが何個か両頬に点々とありました。1年ほど前、母親の美肌友達より「発芽玄米はシミに効き目がある」と聴き、さっそく毎日の食事の時に取り入れました。シミは薄くなっているという結果があらわれています。鋭敏な肌だと化粧品をどれか決めるにしても決めかねますよね。
特に素肌に塗布することの多いクレンジングはまた一段とです。


鋭敏な素肌に勧めたいのがクレンジング用乳液です。
これだと肌への影響が少ない。

品数が多いので、皮膚も張りにくいですし、潤いも損なわないままでいられます。

美顔器には、イオン導入器や超音波美顔器、美顔ローラーのようなものもさまざま、種類がありますが、その中でも特にイオン導入器や超音波美顔器を選ぶと効果を感じます。スキンケアに使う化粧品は、肌のハリや弾力をアップさせる成分配合のものを選んだ方がいいでしょう。
成分としてあげられるのは、ビタミンC誘導体やヒアルロン酸が配合されているものがたいへんいいです。

関連する記事はコチラ

Copyright (c) 2014 コスメ好きな私の備忘録メモ All rights reserved.